SUV、よく聞くクロスオーバーってなに?

SUVの購入を検討し始めて、いろいろと情報収集を始めた時に、必ずと言って良いほど頻繁に出てくるのが、この「クロスオーバー」という言葉です。

意味が分かってしまえば難しい話ではないのですが、初めて耳にする方、目にする方にとっては、頭にクエスチョンマークが飛ぶことも珍しくありません。日本語にすると、クロスは交差、オーバーは越えるといったニュアンスになりますので、それをあわせると、交差して越えるというというイメージの意味になるのかなと思います。

今回はそんな、クロスオーバーSUVとは一体、なんなのかという部分について、ご紹介をしたいと思います。

SUVは、もともとオフロード用だった

クロスオーバーのSUVを見て感じる印象の中で、多くを占める内容が「なんだかオフロードっぽくない」というものです。意味が分かれば当たり前の事ではあるのですが、そもそもSUVというのは元々、オフロード用のクルマから進歩、進化してきたものです。もともとはタイヤが大きく、車高が高く、排気量が大きく、四輪駆動であることがSUVの条件とされていましたが、それはまさに、道なき道を走るオフロード用の自動車としての条件でもあるのです。

具体的な車種を挙げると、ハマーやリンカーン・ナビゲーター、レンジローバー、日本車ではランドクルーザー、ジムニー、パジェロといった車になります。それと比較すると、クロスオーバーSUVというのは、確かにタイヤは大きい方ですし、車高も高い方ではありますが、排気量は2.0Lを下回るモデルも多くなっています。エクステリアデザインが、まず大きく違っているということですね。

車種比較情報を見てみる

なぜオフロードが必要になったの?

SUVはもともとオフロード用だったと言いますが、そもそもなぜオフロード用のクルマが必要になったのでしょうか?理由は大きく二つに分かれていると言われています。

一つは戦争のためです。どんな道でもガンガン進んで、相手も攻撃できる戦車というのがありますが、あまり速く走ることができませんので、迅速に人や物資を運ぶのには向いていないという側面があります。それをカバーするために、日本車で言えばジムニーのようなスタイルの車が必要になっていったということですね。

それともう一つが、1960年代のアメリカで生まれたヒッピー文化です。政府や社会に対して反感を持った人たちが、小型のピックアップトラックを改造して、南カリフォルニアの砂漠で暮らし始めたということがあり、その時に使っていたクルマがSUVという形へと進化していった、という事ですね。いずれにしても、SUVというのはもともと「舗装されていない、砂漠や野原といった悪路を走行するため」というのが始まりだとされています。

SUV、クロスオーバーは生き残り戦略?

ご存知の方もおられるかもしれませんが、アメリカにはアウトドアの一つとして「砂漠でのキャンプ」という楽しみ方があります。

日本では砂漠がありませんので、アウトドアのキャンプとなると、山や海となりますが、アメリカは砂漠がある訳ですね。ですので従来のオフロードタイプのSUVが、今でも人気となっています。それに、大きな土地を持つアメリカでは、舗装されていない道路が多いのに加えて、舗装されていたけどメンテナンスが行き届かず、荒れてしまっている道もあります。

そんな中では、従来のオフロードタイプのSUVの方が、使い勝手が良いという事情があります。しかし日本ではちょっと事情が異なります。まず、舗装されていない道路というのは、あまり見かけません。郊外や田舎へと行けば、舗装されていない道路はありますが、たとえば穴ぼこが大きく開いていたり、岩や砂山でボコボコになっている道というのは、滅多に見ることはありません。

仮にあったとしても、迂回路が見つかる場合も多いでしょう。そうなると、オフロードのクルマを使う必要がないのです。つまり、趣味や好みで、従来のオフロードタイプのSUVに乗っている人以上に、SUVが広がっていくことは、まず難しいだろうという事になってきますね。そこで、クロスオーバーの登場だという事になります。

SUV、クロスオーバーこそ最も人気のジャンル

もうお気づきかもしれませんが、クロスオーバーというのは、舗装された道路をしっかりと快適に走れるオンロードとしての走行性能を持ちながら、大きなタイヤや4DWといったオフロードとしての走行機能も備えた、両方を合わせたクルマ、ということなのです。先述の通り、日本ではほとんどの道がアスファルトで舗装されています。そんな状況でオフロード用のクルマは必要がありません。

しかしアウトドアを楽しむ際に、やや路面の状況が悪い場所というのは多く存在します。それに、SUVのエクステリアデザインというのは、立体的で美しく、オシャレでもありますよね。そういったオフロードとオンロードの良い所をあわせたクルマが、クロスオーバーSUVだという事ですね。

まとめ

クロスオーバーのSUVについてご紹介してきましたが、いかがでしょうか?

日本の道路事情に合わせて進化していったSUV。それがクロスオーバータイプのSUVだと言えます。ここ数年で大きな人気を集めている分野ですので、気になる方はぜひ、チェックしていただければと思います。